ガルー5

田舎のサービスエリアというのは、閑散としてどこか湿っぽいところがある。

このさびれた感じは、大きな看板に出来た錆にも見られるし、キチンと清掃が行き届いているとは思えないトイレにも見られるし、なにより緩慢な従業員に見られる。

食堂のメニューはずらりとたくさんあるが、ほとんど客が来ないためなのか開店前から品切れ状態で、選択肢が極端に絞られ、結局3人できつねうどんを注文する羽目になってしまった。

しかも一杯980円である。

緩慢な従業員は一体何をしているのか?

我々が注文してから40分、そういえば先ほどから調理場の方からは物音ひとつしない。

「一体、いつになったら出てくるんでしょうか。我々のきつねうどんは」

「そうよ、ちょっと遅すぎない?馬鹿にしてるわよ」

「うむ。ボクが分析するに、まず自分らの昼食を摂った後、我々のうどんを作り始めるのではないだろうか?確かに、ちょうど腹の空く時間帯だ」

「ねえ、タナカさん。そんな馬鹿な話ってありえると思う?」

「教授がおっしゃるのですから、ありえなくもないでございましょう」

「あるいは、昼休みで居眠りか」

「じゃあ、なぜ注文を取ったのよ?」

「反射神経かもな」

「あのバア様がぁ?」

「昔取った杵柄さあ」

もちろん、さびれきった食堂内には、ボクら3人しか客はおらず、古びたテレビから流れてくる昼過ぎのメロドラマが、妙にこのくすんだセピア色の食堂内の雰囲気とマッチしていた。

「あたし、文句言ってくる!」

と、最初に席を立ったのは705だった。

「腹が減ると動物は凶暴になる」

「705さんは、いつでも凶暴のような気がしますがね、うっしっし」

「タナカ、今なんか言った?」

火に油を注いだ形となって、705はタナカを睨み付けた。それから勢い勇んで調理場の方へと消えた。

「行っちゃいましたね、705さん」

「よほど腹を空かせているんだろう。まったく野生的な女だよ」

「そういうところが彼女の魅力ですよね」

「まあな。女はあれくらい気が強くないとつまらない」

調理場の方からは705のかん高い怒声だけが聞こえてくる。

そこまで怒ることもなかろうに、とは思うが、705の腹の虫は治まらないどころか空腹感で一層活発になってしまっているようだ。

そうして約5分、散々無駄なエネルギーを消費して、更に腹を空かせて帰ってきた。

「まったく、馬鹿にしてるわあ」

「で、どうでした?中の様子は」

「教授のおっしゃった通り。笑っちゃうわね、ご夫婦揃ってランチタイムよ。それもきつねうどん」

「しかもきつねうどんって。一体どういうつもりなのでしょうか。こっちは先ほどから、腹ヘリヘリだっていうのに」

「さらに信じられないことには、あたしが行ったとき、笑顔で軽く会釈されちゃって」

「ますます怒り心頭ってわけだな」

「でも教授。どうしてわかっちゃったんですか?ランチタイムだってことを」

「すべての解明の鍵は、一見ありえないところに隠されているものさ。ガルーの捜索も同様だよ」

「でもさぁ、調査するくせに教授、どうなんだろう?リサーチをかけないの?地元の人たちとか、その土地の研究者とか、さ?チームを組んだ方が、成功率は高いと思うけどな~。」

「リサーチ?できれば当然それは有効な手段だが、結果的に自分の勘が一番正しいと気がついた。科学的な返答でないのはわかっているよ。ただ、我々の調査は秘密裏に進める必要がある」

「なぜ?」

「未確認生物発見にかける探究心を損なわないためと・・」

「それから?」

「主に経済的な理由からだ。スポンサーさえつけば、すべての問題を解決できるんだけど、まず出資をしようとする奇特な人間がいない。調査の経費がかかっている。我々がガルーを捕獲して、それをもとに一儲けしないことには、もとが取れない」

「スポンサーは探したの?」

「いや。今のところはまだ。だけど、当てがないわけじゃない。そのうち掛け合ってみようと思っている。それまでは自力でなんとかしよう、という流れだ」

「奇特な人がいたもんですね」

「ああ。なんでも自宅のプールでシャチを飼っているらしい」

「シャチって、あのシャチ?」

「鯱」以外のシャチは他にはあるまい」

「と、とんでもないお金持ちじゃないですか!!我々の日給も少しは上がるかなあ」

「せめて、ガルーの写真でもなんでも、とにかくガルーの存在を証明するものがなければ、いくら奇特な人間でもさすがに金は出さんだろう」

「まあ、そうね。当分は教授の勘を頼りに動くしかないわね。気が遠くなっちゃうけど」
 
調理場から、お盆に3つのきつねうどんを乗せてバア様が出てきた。

ようやくにしてきつねうどんが到着した。

バア様が今日は本当に暑いですね・・などとどうでもいい世間話を笑顔で振ってきたが、全員でそれを無視した。

なにせ一杯980円である。

「おい、タナカ」

「はい、教授なんでございましょう」

「きつねうどんの定義とはなにか?」

「さて。うどんとつゆ。お揚げが乗っていて、かまぼことネギが入っているのが、一般的ではないでしょうか?」

「うむ。よろしい。うどん、つゆ、お揚げ。きつねうどんとは、この3点でも確かに立派に成立してしまうが、かまぼこやネギも入れて、より美味しく頂けるよう配慮するのが、お店としては一般的だな」

「はい、そうであります」

「では、このきつねうどんは、定義上は何も問題はないが、お店としての配慮が著しく欠落している、ということだな」

「まさしく、その通りであります」

「ほんと馬鹿にしてるわね!なんなのよこれは一体!賄い食じゃあるまいし!」

「確かに。まだどん兵衛の方がよほど親切にできている」

「うどんがひと玉、高くても50円、お揚げは30円、つゆはどうやら追い鰹つゆの3倍濃縮を薄めて使って光熱費を考慮しても、原価は100円程度だな。ここの家賃がいくらなものかはわからないが、仮に一杯200円としても、残りは丸ごと人件費ということになる」

「ほとんど詐欺じゃないですか」

「ああ。あの夫婦、長生きはできんだろう」

「あたし、文句言ってくる!」

再び705が大きな音を立てて席を立った。そうして一目散に調理場の方へ消えた。

調理場の方からは、705の甲高い怒声が響いてきた。

あの夫婦はどのような顔で、705の怒声を聞いているんだろうか。


・・とそのときである。

調理場の方から、ボクらを呼ぶ705の声がした。

「教授!早く来て!!早く!」

「どうしたんでしょう、705さん」

「さあ。とにかく行ってみよう」

ボクとタナカは705に言われるまま、調理場の方へ向かった。


そこで見たものは・・

裏口から逃げるガルーの後ろ姿だったのだ。

「あっ!ガルーだ!おい待て~!」

再び、昼食はお預けとなった。

ボクらは車に乗り込んで、ガルーを追跡することになったのだった。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-06-20 17:44

ガルー4

「こうやって、高速道路に乗って旅行するのって、なんだか久しぶりですね~」

「何度言わせるんだ。旅行じゃない、調査だ。いい加減、その認識不足をどうにかしたまえ」

はじまったばかりとはいえ、いつになったら、この調査隊はまともな調査隊として機能してくれるのか、不安がつきまとう。

平凡なサラリーマンだったボクの資金力もそれほど当てにできるものじゃないし、毎日タナカと705に支払う日当だけでも日に1万円、その他の移動費、雑費を入れるとかなりのハイコストとなっている。

焦っても結果は同じだが、一日でも早くガルーを捕獲しないことには、ボクの貯金も底をついてしまうだろう。

705の言う通りかもしれない。呑気に構えてなどいられないのだ。


北へ向かう705の車は相変わらず制限速度を50キロは軽くオーバーしている。

飛ばし屋といわれて完全否定する705だったが、実際の行動は飛ばし屋以外の何者でもなかった。

現在、まったく当ての無い調査なのに、どうしてそんなに飛ばす必要があるのか?

それは705の激しい性格所以だ。

高速道路を走行する我々の車は、常に時速130kmに達していた。

「そんなに飛ばしたら、捕まっちゃいますよぉ?ナンバープレートとかばっちり写真撮られちゃうんですから」

「おいおい、そんな罰金まで経費に入れてないぞ」

「ふん、大丈夫よ。あたしってこう見えても抜かりは無いわぁ。こっそりナンバープレートを張り替えておいたのよ」

「それってば705さん、犯罪ですよね?」

「わかりきったことを言うねえ、相変わらず」

「犯罪?そうかもしれないわね。でも、大丈夫。被害者がいるとしたら、この車内よぉ」

「どういうことだ?!」

「どういうことって、そういうことよ」

「まさかボクの車のナンバープレートを?」

「ううん。違うわよ」

「じゃあ、どういうことだ」

「タナカさんの・・・」

「え?!わたくしめの車のナンバーですか?」

「いつの間に・・」

「うふ。ちょっと拝借しちゃった、えへへ」

「これってば、どういうことでしょうか、教授?」

「つまり、スピード違反で罰金を受けるのは、他ならぬタナカだということのようだな」

「勘弁してくださいよぉ~」

「タナカさんの車だとは知らなかったのよ。今朝、あなたのマンションに才原さんと迎えに行ったとき、たまたま近くに止めてあった車からね、拝借したってわけ」

「つくづくツイてないね」

「ついてないとか言ってる前に、スピードを落としてくださいよぉ」

というタナカの願いもむなしくかき消されるように、705はアクセルを再び踏み込んだ。



都心からは、短時間ながらずいぶん遠ざかったのか、窓を開けると、新緑の香りが車内に充満した。

五月の臭いがする。

あたりの風景も緑が多くなった。

「かなり田舎に来ちゃいましたねぇ。ホントにガルーはいるんでしょうかね」

「こうやって窓を開けて田舎道を走ってると、アブが飛び込んできて危うく事故を起こしそうになったことがある」

「あたしなんか蜂よぉ。それもスズメ蜂。生きた心地がしなかったわぁ」

「わたくしめは、車内にゴキを飼っていたようで、運転中おでこに止まったことがありますです」

「それで?」

「びっくりして急ブレーキをかけてしまいまして、一命は取り留めました」

「それから?」

「え?それで終わりですよ」

「オチはないのねえ、つまらないわぁ」

「そう申されましても・・」

「そうだ、そろそろ窓を閉めないと、また妙な虫が入ってきて、それこそ次は本当に我々は事故にあってしまうかもしれません」

「そうだな、ボクも虫は苦手なんだ」

「あら、あたしはぜんぜん平気よ。家でたくさん飼ってるんだから」

「705さんがよくっても、我々一般人は密室パニックに陥りますよぉ」

「仕方ないわねえ」
705は、仕方なく窓を閉めきった。


都心から遠ざかったこともあるが、日中のこの時間は、他の車の姿もまばらだ。

アスファルトは太陽を照り返して、明るく輝いていた。

こんな田舎に、ガルーはいるのか?

いるとも言えるし、いないとも言える。

都心に残って調査をしたとしても、可能性の範囲ではさほど変わらない。

自分の勘だけが、今は頼りだ。


そろそろお昼にしたいところだったが、なかなかサービスエリアも見つからないまま、先を行くしかなかった。

タナカは後部座席でひとりスニッカーズをかじりはじめた。

ひとりで食べるのは、さすがのタナカも遠慮したのか、

「ねえ、教授、705さん、食べますか?」

「あたしはいい。甘いものって実は苦手なの」

「じゃあ、教授は?」

「一体、何本持ってきたんだ?そのチョコレート」

「リュックに半分くらいでしょうか」

「ほとんど、チョコじゃないか」

「はい、わたくしめの主食ですから」

「いつか成人病で死ぬな」

「不吉なこと言わないでくださいよぉ」

「偏食にも程度がある」

密室の車内には、タナカのスニッカーズの甘い臭いが充満していた。

「甘い。甘いなあ。あたしって甘い臭いダメなのよぉ」

「甘いものが苦手な人にとっては臭いもキツイな」

「申し訳ないです・・」
というタナカだったが、一度着いた火を消すことはできず、二本目の封を開けた。


しばらくして、
「ねえ、才原さん、なにか臭わない?」

「あはは。これぞ密殺でございます」

「やると思ったよ。必ずやると。もう読めてた」

「さすがは教授です。わたくしめの行動パターンを早くも掴んだご様子。あっぱれです」

「確かに甘い臭いよりは、ある特定の人にとってはマシであると思われる。だがな、ボクにとっては非常に不快だ」

「教授のことまでは考えてませんでした」

「ボクにとっては、むしろ殺人的ですらあるね」

「だから、密殺と・・」

「だが、なぜ屁は臭いのだろう?」

「さあ、どうしてでしょうか?臭いものは臭いからです」

「我々は生まれながらに、屁は臭いものとして認識していたのだろうか?あるいは後天的に認識したものなのか?仮に後天的な認識であるとするならば、世間一般常識にあまりにも無自覚に迎合してしまっているようで、なんだか癪だな」

「最初に屁が臭いと言い出した人がいるんですよ」

「屁の発見だな、まさしく。発見されるまでは、屁は屁として存在しなかったんだ、きっと」

「いやあ、さすが教授、深いですねえ」
とタナカは腕組みをして感心している。

「あんたたち!つべこべ言ってないで早く窓を開けてよ!」

705の金切り声が響いた。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-05-12 21:27 | 【創作小説】

ガルー3

705の運転する車に同乗して、早朝より本日の追跡調査を進めている。

705が調査隊に加わった経緯は、いちいち説明するのも面倒なので省略させていただきたい。

早い話が、結局彼女も大学で講師の席が空くのを待つ、フリーの貧乏学者というわけだった。


タナカは後部座席に腰掛けて、ドライブ気取りでさっそくスニッカーズをかじっている。

本日の調査の目的地は・・・。

といって、恥ずかしながら我々に目的も計画も無いのだが、これまでの経験上、ガルーはボクらが行く先々で目撃されることから、ガルーに遭遇すると思しきところへ行くのではなく、ボクらの行きたいところへ行く、ということにしている。

と、これって調査でもなんでもないんじゃないの?

という批判は早急すぎるだろう。

ガルーに遭遇した事例が少なすぎて、ヤツの行動パターンはまだ掴めそうにないのが実情なのだ。

もう少し、我々にはフィールドワークを積む必要があった。


「それにしても、こうやってドライブがてらに、ふいっとガルーが出てきてくれたら、我々も楽でいいですよ」

いかにもタナカらしい感想だな。

「でも、もし楽に捕まっちゃったら、明日から我々は失業者ですね。あはははっ。のんびり行きましょうよ、のんびりね、705さん」

「ふん。あんたと一緒にしないでよね」

705はぴしゃりと真顔で言った。どうやらこのふたりは馬が合いそうもない。

「というより、雇用主の前で、よくも抜け抜けとそんな不謹慎なことが言えたもんだな。まったく驚くほどデリカシーが欠損しているじゃないか」

「あっ。ついつい・・へへへっ」

タナカはイガグリ頭をぼりぼりと掻いて、いかにもばつが悪そうに言った。

だったら最初っから言うなよ。

705の加入で現状の調査隊の質がどの程度上がったかはわからないが、タナカとコンビを組んでやるよりは遥かにマシであることだけは明確だった。

貧乏学者とはいえ、なかなか頭の切れる女で、たまに直情的で感情が暴走することを除けば、これで案外頼りになる存在となるだろう。

よく見れば、口さえ開かなければ、という条件付で、なかなかいい女じゃないか。

何が変わったのかというと、足だ。

タナカとふたり、リュックを背負い捕獲網を持って、街を徘徊する姿は、主観的にどう考えても異様だった。

客観的に考えてしまったら、行動すらできなかっただろう。


ボクらを乗せた車は、高速道路へ差し掛かった。

「いったいどこへゆくんでしょうか」

「ま、まずはどこへ行きたいかを皆で話し合おう」

「あんたたちってホント呆れるくらいに呑気ね」

「呑気が一番です!あはははは」

「呑気だと?フィールドワークの一環だ」

「笑えないっての」

ぴしゃりと705のキツイ一言に、タナカは口ごもってしまった。車内に重たい空気が流れる。

と思ったのはどうやらボクだけである、とわかるまでにそれほど時間はかからなかった。

タナカは何事も無かったように、窓の外を見ながらアニメソングだろうか・・口笛を吹いている。

705にしても、今までのやり取りが無かったかのように、自然体だ。

チームの空気を重んじる立場のボクの杞憂に過ぎなかったのだろう。

つまり、彼らはボクが思っているほどに、神経が繊細ではないんだ。

「で?ほんとにどこへ行くの?」

「とりあえず、北へ行こうかな」

「曖昧ね、相変わらず」

「そいつは誤解と偏見だ。今は少しでも情報収集しなければならない時期なんだ。分析はそれからさ。まだ雲をも掴む段階なんだ」

「そーです、教授のおっしゃるとおりっ!ささっ、ドライブと行きましょう」

「まーいいわぁ。それじゃ北へ行くわね」

そう言うと、705はアクセルを踏みこんで加速した。

ボクらを乗せた車はグングン加速してゆく。

「ちょっと、飛ばし過ぎ、なんじゃないかな」

「そお?いつものことよ」

「ひょっとして飛ばし屋ですか?705さんってば」

「飛ばし屋?やめてよ。人を暴走族みたいに言わないでちょうだい。わたしこれでもお嬢様なんだから」

「随分、おてんばなお嬢さんなんだなあ」

「おてんばって、それって死語じゃない?」

「じゃじゃ馬娘だな・・」

「それも死語!」

「そーゆーこそばゆいところを、つっつく笑いって、好きですよ」

「別に笑いを取ろうとしたわけじゃない」

「そうよ、なに勘違いしてるのよ」

結局、最後にはタナカが悪者になってしまう。

我ながらいいチーム内の構図ができた。

なんとか、上手くやっていけそうだ。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-05-12 21:25 | 【創作小説】

【小説】 ガルー2

助手のタナカが、先ほどから大げさなリュックサックを開けて、なにやら物色している。

たぶん腹でも減ったんだろう。

ヤツのお決まりのスニッカーズでも出してきて、無神経にも路上で食べ始めるんだ。

フィギュア集めが趣味の冴えない男だ。

丸刈りに全身迷彩服を着て、モデルガンを所持している。

なにせ緊急の調査隊のため、人材不足、人員不足はやむを得ないところだ。

いまどき日当5000円では、中学生だって雇えないだろう。

「ヘッドライトの電池が切れちゃって、電池がありません」

まったく、なにやってんだよ。


ガルーの足跡を追って始まった調査だが、肝心の足跡がまったく見当たらず、調査当初からさっそく行き詰まっている。

それもそのはずで、ボクらはなんの手がかりもなく、しかも高速移動するカンガルーを捕獲しようというのだから、はなっから雲をも掴むことなのかもしれない。

だけど、諦めた瞬間から、ボクは世間のウソツキのお仲間入りを果たしてしまうわけで、それはそれでいいにしても、とりあえず町をウロウロとしている方が、家でスマップを聴いているよりはまだマシってもんだ。



冴えないタナカは案の定、1本目のスニッカーズをかじり始めた。

「どこにも見当たりませんね、隊長」

見るからに間抜けそうなヤツだ。

人材不足もはなはだしい。先行き不安になる。

「隊長じゃない。教授と呼びたまえ、君」

とボクは幾分、不機嫌そうに答えた。

「え?なんの教授ですか?」

ちぇっ、まったく気が利かねえなあ。

イチイチ説明してやらなければならないのか。

「超常現象研究家 才原博教授!今から世紀の大発見をするんだ。それぐらい箔をつけていかないとみっともないだろう」

「そうですか。そんじゃ教授ぅ・・」


真昼間の住宅街を、タナカを連れて歩いていた。

タナカは大げさなリュックを背負って、大きな捕獲網を持っている。

麻酔銃は手に入らなかった。

現状では、正規の調査隊と認められていないんだ。

植え込みの中や、塀の隅やゴミ箱の中まで、丹念に調査したが、ガルーの姿はどこにもない。

昨日は終日、聞き込み調査を実施したが、道行く人は不審人物を見るような冷ややかな目でボクらを見ては、返事らしい返事ももらえぬまま、一日が終わってしまった。

挙動不審なタナカのせいだ。

聞き込みを行うボクの後ろで、丸坊主に迷彩服を来た男がスニッカーズをかじっていたら、相手にしたくなくなる気持ちはさすがに理解できる。

食うのを止めろと、再三の注意も、ヤツの突き出た腹が黙ってはいないらしいのだ。


「おーい、ガルー!」

タナカがやけを起こしたのか突然叫んだ。

「何をやってるんだ?」

「呼んだら出てくるかなって」

「つくづく馬鹿だな、君は。ガルーって名前はボクが付けたんだから反応するわけがないじゃないか」

「そっかあ。考えが軽薄でした」


住宅街の広く舗装された道路には、日中ということもあって人影がまったくない。

よく晴れたいい天気で、ベランダでまどろみたいくらいだ。

するとそこへ、大きな屋敷の植え込みから、一匹の動物が、通りに躍り出た。

ああ・・

まさしくガルーだ!

「タナカ!でかしたぞ!さあ、追跡だ!」

「へい!教授!」

ガルーはじっとボクらを見たかと思うと、反対方向へ一目散に駆け出した。

「タナカ、もたもたするな!巻かれるぞ」

ガルーはすごいスピードで一直線の道を進み、どんどんボクらから遠ざかってゆく。

運動不足のボクらは5分も持たずに息を切らせた。

遠くの角を曲がったあたりで、すっかり見失ってしまった。

「ハアハア・・・それにしてもすごいスピードです。果たして我々に捕獲できるのでしょうか」

「はあはあ・・いきなりのマイナス思考は慎みたまえ」


完全に見失ってしまった。

また調査は一からの出発である。

最初から、そんな簡単に捕まるはずがないのはわかっている。

簡単に捕まえることが出来たなら、今頃ガルーはとっくの昔に誰かに捕まっているに違いないんだ。

ガルーを捕らえるにはなにか奇抜な発想が必要だった。

「タナカ、ちょっとここのマンホールを開けてみてくれないか?」

「はい。だけどどーするんですか?」

「いいから、開けてみてくれ」

タナカはボクに言われるままに、重たいマンホールを苦労してこじ開けた。

「さあ、行くぞ」

「どこへ?」

「決まってるだろ、中だよ」

「本気ですか?」

「ああ、いたって本気だ」

「こんなところにガルーなんていやしませんよ」

「いないと決定する根拠は何だね?」

「さあ?たぶんいません」

「ボクはこう思う。たぶんいる」

渋るタナカをなんとかマンホールへ押し込んで、追跡調査は再開された。

「ネズミやゴキブリが飛び掛ってきたら・・」

「食っちまえ、そんなもん」

不法に侵入していることは重々承知の上だが、警官が犯人を追う際には交通ルールを無視するように、緊急事態というのは法の垣根を越えなければならないときだってあるんだ。

下水工事業者からクレームが入らないよう、出来るだけ余計なことは避けるつもりだ。


一歩一歩、確かめながら下へ降りてゆく。

ヘッドライトの明かりでは光度が足りず、ずっと下はいつまでも真っ暗闇だ。

タナカの息遣いが木霊して下から響いてくる感じからすると、底はありそうだが、延々と長い梯子が続いている。

学生時代、哲学書を持って井戸に入りたいと夢想したことがあるが、暗くて狭い空間というのは、人間の思考をくっきりとさせる効果があるようだ。

ガルーは必ずこの奥にいると、根拠の無い確信に満ち溢れてくるのだった。


100mくらいは降ったのだろうか。

「ちょっと、休憩したいですね」

延々と続く梯子に、さっそく運動不足のタナカは乳酸を溜め込んだようで、手がしびれてきたという。

休憩しようにも、この体勢のままでは休まるものも休まらない。

それにしても、深い深い穴だった。

「いったいどこまで続くんだ」

降るに従って湿度が増し、衣服がしっとりとして重たくなってきた。

それになんだかすごい臭気だ。

耐えられないってほどでもないが、心地のいいもんじゃない。

心持ち、酸素が薄くなってきたような気もしないではない。

ガス中毒で死んだという事故はよく耳にする。

100mも降れば、そろそろ危ういのではないかと思うが、意外と酸素は残されているらしかった。

まあ、中毒になるとすれば、ボクより当然タナカの方が早いだろう。

ヤツがへたりだす前になんとか下に到着すればいいのだが。


「教授、大変です」

「どうしたタナカ!」

タナカがなにやら発見したようだ。

「変な横穴を発見しました」

「まず、入ってみろ」

確かにそれは横穴だった。

明らかに下水業者が空けたものとは思えない乱暴な切り口で、ドリルとスコップで造られた横穴らしかった。

「教授。ガルーの仕業ですかね」

「いや、まだわからん。とにかく奥へ」

「いえ、とにかく休憩です」

といってタナカはどっかりと座り込み、ぬるいコーラを飲んでから今日2本目のスニッカーズをかじった。

「この横穴も深いなあ・・ムカデとかコウモリとか出てきませんよね?」

「さあ、たぶんな」

「それにしても、案外空気があるもんなんですね」

タナカは大きく深呼吸した。

「地底人でもいるのかな?だったらいいのになー」

「何がいいんだ?」

「だって教授、大発見じゃないですか」

「馬鹿だな。下水工事の穴の奥に地底人がいたら、工事に携わった人間はとっくに出会ってるじゃないか」

「それもそうですね」


10分ほど休憩をして、ボクらは横穴を進んだ。

外界の明かりはまったく届かない真っ暗闇の世界。

ヘッドライトの明かりだけがボクらの頼りだ。

電池が切れたら、たちまち途方にくれてしまうだろう。

モグラの通り道のように、ゆるやかなカーブをぬって進んでゆく。

この先にあるものはなにか?

冒険、それは発見。

『ガリバー旅行記』や『宝島』や『八十日間世界一周』や未知なる物を追い求めて冒険の旅に出る。

リュックを背負う背中から発汗。

額からは汗が落ち頬を伝う。

暗闇の先に見えるのは、明るい未来だ。

「しっ、静かに。なにか物音が聞こえないか?」

「え?そーですかあ」

「確かに聞こえる」

「ガルーでしょうか」

「ここからは物音を立てずに進もう。せっかくここまで来て、また取り逃がしたとあっちゃあやりきれない」

忍び足で進む。

どん臭いタナカのことだ。ドジを踏んではくれるなよ。

確かに土を掘るような金属音が聞こえたんだ。

遠くに明かりが見えてきた。

ああ。間近まで来た。

タナカはボクの指示に従って網を用意した。

じりじりと近づいてゆく。

かなり接近してきた。

もう目の前だ。

「それ!!」

タナカが網をかけた。

何かが捕まったようだ。

「やったぞ!!」

「やりました!教授!!」

感極まって泥だらけの手で汗をぬぐった。

薄暗い穴の奥で、網にかかった生物がうごめいている。


と、突然女の声がした。

「キャー!!なにやってるのよぉ!!」

「おい!しゃべったぞ!!」

「はい、しゃべりましたね!」

「ガルーは女だったのか?!」

「ガルーは女です!」

しかし、網の中から出てきたのは、ひとりのほっそりとした人間の女性だったのだ。

「どういうことだ、これは・・・」

しばらく状況が飲み込めない。

「どういうことでしょう・・」

「馬鹿!!あんたたち、なにやってるのよ!髪が乱れるじゃない!!」

「そんなこと言われたって」

つるはしとスコップを持って、横穴を掘っていたのは、この女性だったのだ。

「一体全体、君はここで何やってるんだ」

「そっちこそ、こんなところで何やってるのよ」

「追跡調査を・・・」

「追跡調査ぁ?」

「ああ、ある生物を追っている」

「地底深くにもなると、変な人種がいるっていうけど、あんたたちもきっとそうね」

「変な人種とは何だ。それに君こそ、こんなところに大穴掘って何やってるんだ」

「あたし?発掘調査よ。見てわからない。これでも歴とした学術調査なんだから」

と言うと、女はジーンズの埃をはたいた。

「ささ、調査の邪魔だから向こうへ行ってちょうだい。今日は時間が無いのよ」

と、女はボクらを尻目に見ながら、スコップを手に取った。

「ひとつだけ、変な質問をしてもいいかな?」

「手短にね。一回だけなら質問に答えてもいいわ」

「ここに妙なカンガルーは来なかっただろうか」

「ええ。来たわよ。あたしの後ろでさっきまで読書をしてたわ。かわいいカンガルーちゃん」

「ホントかね?!それは!それを見て君はなんにも思わなかったのかね?」

ボクもタナカも、思わず胸が躍った。

「ええ。専門分野外ですもの」

「教授、あまりにも偶然ですね」

「そこらに彼が読んでた本が落ちてるんじゃないかな」

見るとそこには分厚い本が落ちていた。

ボクはそれを拾い上げて、ページをめくった。

「ヘーゲルだ」

「ヘーゲルって何ですか、教授」

「知らないわよ、そんなこと、ヘーゲルに聞けばいいじゃない。さあ、質問タイムは終了。さよならぁー」

ガルーはボクが予想した通り、相当な知的生命体だということが判明した。

思ったとおりだ。

ヤツはもしかすると、宇宙人かもしれないぞ。

「ガルーはどっちに逃げたんだ?」

「質問は一回きりの約束よ」

「そりゃないでしょう。ボクらも遊びでやってるわけじゃないんだ」

「約束は、約束」

「その約束を了解したわけじゃない」

「そーだ、教授のおっしゃるとおりだ」

「ふん、屁理屈ばっかり。ロクな教授様じゃないわね。いいわぁ、向こうへ行ったよ。あんたたちが歩いてきた方向」

「すれ違わなかったけどな」

「知らないわよ。ぼーっとしてたんじゃないの?抜けてそうだしさ」


また、逃がしてしまったというわけか。

ただ、ボクの勘ってやつも案外当てにはなるもんだ。

少しだけ希望が見えてきた。

「それじゃボクらはこれで失礼するよ。最後にもうひとつだけ質問してもいいかい?」

「これっきりよ」

「ああ。ボクは才原だ。君は?」

「さあ、名乗るほどの女じゃないの。705(ナオコ)HNだけどね」

「705さんかあ」


ボクとタナカはもと来た道を戻り、地上へと出た。

すっかり夜になっていた。

今日は満月か。

月明かりの下で、タナカに5000円札を手渡して別れた。

今日の調査は終了。

手ごたえの感じた一日だった。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-04-14 15:13 | 【創作小説】

【小説】 ガルー1

霧立ち込める切り立った崖の上を見事なスピードでひた駆け回るカンガルーが、まさかニッポンの都会のど真ん中に生息する、なんて話は、七三分けのガリ勉公務員が丁寧に説明しても、やさしい保母さんの話でも、または純粋無垢な三歳児が話していても、簡単に信じられるものじゃないだろう。

ましてボクが言うのだから、ますますその信憑性は疑われることになる。

だってそうだろう?

まず、霧立ち込めるなんて、霧が発生することも今のニッポンの都会ではなかなか想像がつかないことだし、切り立った崖なんてものは、ツチノコが出てきそうな山奥にでもわざわざ出掛けない限り、なかなかお目にかかれそうもないし。

そもそもが、野生のカンガルーなんてニッポン全土、動物園から逃げ出した少数派を除いては、本来生息しないものなのだ。

だからきっと動物園から抜け出した少数派の一頭に違いないんだ。

違いないんだけど、どこの動物園からも脱走したって話は聞かないところを見ると、案外ニッポンに古くから生息していたのかもしれないなあ。

詳しくはわからないよ。

専門家じゃないんだ。

さてここで、良識と常識のあるあなた方はきっと、馬鹿な話に同調しつつ、表面上では夢のある話でいいですね。

こう言うに決まってる。

わかっているよ。



目撃証言について。

ここでは実際にボクがこの目で見たカンガルーの話に終止したいと思う。

というのも、ボク以外の誰も、おそらくはこのカンガルーを見てはいないからだ。

仮にボク以外の誰かが目撃していたとしても、その目撃証言は公の場で広まることなく、ネット上で書き込みをしても多少のレスがつくだけで、一週間後には誰もが忘れているだろう。

つまりは誰も本気にしない、ということなのだ。


あれはそうだな。

三日月がぼんやり光る夜の頃。

消耗しきった顔をぶら下げて夜道を歩いていたときだ。

とにかくそのときは、疲れ切っていて、たとえば道端に死体が転がっていても、無かったことにして通りすがるくらいの状況だった。

迷路のように入り組んだ都会のど真ん中の道を、家路へと向かっていたときのことだ。

四度か五度か忘れたけど、くねくねと右折したり左折したりしているうちに、なんだかとんでもない崖に遭遇してしまった。

こんなところに崖があって、ガードレールも手摺も無いもんだから、つまずいた拍子に転落死するところだったよ。

ボクが死んでも、お月さんくらいしか目撃者がいないんだから、なんだか哀れだったよな。

まあ、幸いにして転落死は免れたが、それにしてもひどい霧が立ち込めていてね。

あたりは鬱蒼として静かだった。

どうしてこんなところに崖があったのか、探ってみたかったけど、なんだかひどく疲れていたんだ。

で、こう考えた。

崖があったんじゃなくて、崖が出来たんだ。

つい最近のことさ。

ほんの10分くらい前じゃないかな。

そう思うと、出来立ての香りがするじゃない?


そこへ登場したのが、例のあれ、そうカンガルーだ。

これでもボクは実際のカンガルーと動物園で触れ合ったこともあるし、有袋類って不思議だし、子供がいないときには何を詰め込んでいるのか興味があって、暇が出来たら詳しく研究したいと思ってたくらいのカンガルー好きなんだ。

偶然だけどね。

だから見間違えるはずは無いんだ。

霧があったって見えるさ。

すごい霧ってもその程度なんだ。

少なくとも輪郭くらいはっきりわかる。

あの大きさからして、ワラビーではなくって、カンガルーなんだ。

一般にワラビーはロック・ワラビーっていう種類があって山岳地帯や崖の上に生息するのもいるらしいんだけど、ボクが見たのは、草原でボクシングをやっている大型のアカカンガルーって種類のものだ。

あの立派な尻尾からしても間違いはないんだ。

そのカンガルーが、崖の上すれすれのところで、器用にもひた駆け回っていたんだから驚いたよ。

勢いあまって、うっかり踏み外しはしないかとヒヤヒヤして見ていたんだけど、ヤツはなかなか利口なヤツだった。

動きひとつでもそれはわかるさ。

それに、すごいスピードだった。

人間以外の動物ってたいてい速いんだけど、ヤツは特別だったな。

ボクは口下手なんで上手くは言えないんだけど、なんだか生命の限界を超越してるくらいのスピードだったと思う。

高速で駆け回っていたのさ。

物凄いスピードで。

時々休んではじっとして、哲学者のような難しい顔をしていた。


ね、ほら。だから。

信じられないでしょう?

無理もないけどね。

日常的にありえない話って、結局いつも荒唐無稽な話で片付けられてしまってお終いなんだ。

いつかニッポンの川でカモノハシと遭遇したって話も、結局は誰にも信じてもらえなかった。

証明しろったってさ、そんなもん。

川の隅々まで探したって見つかりっこ無いのはわかってる。

特別調査隊でもあれば話は別だけど、カモノハシも忙しいんだ。

ボクらの都合に合わせて生きてらんないよ。

とはいうものの、カモノハシの件は良い教訓として、カンガルーは捕獲する必要がある。

なぜなら、目撃してしまったからだ。

高速移動を行うカンガルーを捕獲して、世に公表してだな。

ボクがウソツキでないことを証明しなければいけないね。

さらに超常現象研究家 才原博の名前を日本中に知らしめるチャンスでもある。

え?いつから超常現象研究家になったのかって?

たった今からだよ。

まったく鈍いね、君たちったら。

テレビ出演の依頼が舞い込んだら、仰々しく白衣でも羽織ってやろうかしら。

崖っぷちでひた駆け回っているカンガルーだったが、その後見失って、そのままさ。

ヤツは恐らく高い知性の持ち主に違いない。

なぜそう判断するのかって?

あれだけ高速でひた駆け回るわけだし、それになによりヤツはランドセルを背負ってたよ。

合成皮のピカピカの黒さ。

な、ありえないだろ?

テレビ用に名前も付けた。

こんなことだけは仕事が早いんだ。

ヤツの名前は『ガルー』。

カンを略しただけ、という指摘は甘んじて受け入れましょう。

さて、ガルーを求めての捜索が始まったんだ。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-04-14 15:10 | 【創作小説】

【小説紹介】天国の五人

ある日の新聞の記事で京都の女子高生が書いた感想文が掲載され、その感想文を読んで本を手にとってみた。

自分の祖母の死をきっかけに、その頃の体験を絡めて書いた感想文。

いい話だと思った。

第51回青少年読書感想文コンクールの課題図書だ。


著者のミッチ・アルボムは、もとアメリカのスポーツジャーナリスト。

その当時の話は、同じく全米で大ヒットした『モリー先生との火曜日』で描かれている。

『天国の五人』は、『モリー先生との火曜日』に続く大ヒット作。

全米で550万部売れたという。

アメリカ人がもっとも好みそうなストーリー。

はっきり言ってしまえば、お涙頂戴系の大味な作品だ。

だけど、それを評価したアメリカ人はさすがだと思った。

人にやさしいい小説こそが、もっとも読まれるべき小説であるのかもしれない。

そう思った。

アメリカ人はあらかじめわかっていた、ということになる。

新しさや奇抜さが重視され、その物差しですべての評価が決定してしまうような、今のニッポンの文壇。

だから、行き詰まったんではないだろうか。


主人公エディは、遊園地のメンテナンス係り。83歳の爺さんだが、現役だ。

ある日、遊園地内で事故が発生する。

ひとりの少女を救出しようとして、巻き込まれ死んでしまう。

死んだところから、お話は始まった。

自分に何の価値も無いと思っていたエディ。

天国で、次々に自分の人生と関わりがあった人と会ってゆく。

五人の人間と、五つの教え。

次第にエディは自分の人生について肯定的に考える・・

『人間は、それまでの私も含めて、ひとりで生きていると思うことが多いのではないか。「自分はなにか」と問い、自分自身は掘り下げることはあっても、他者の中に自分の現実の姿を映し出すことは少ないのではないか。それは、他との関わりを重く見ていない、または相手の嫌なところを見たり、傷つけられたりすることを恐れているからかもしれない』(同志社国際高校3年 高田幸歩さんの感想文より)


エディの父は、同じく遊園地ルビー・ピアのメンテナンス係だった。

エディはずっと父に反発していた。

父が許せなかった。

無視、沈黙、愛情を受けたことがなかったと思っていた。

父とはほとんど言葉を交わすことは無かった。

そんなエディは反発の末に、父と同じ職業に就いた。

体の弱い母を気遣っての選択だった。


天国で会った三人目は、ルビー・ピアの名前の由来になったルビーという女性。

ルビーからは父の死の真実を知らされた。

『親が子供を手放すことは滅多にない、だから、子供の方から親を突き放す。子供は前へ進んでいく。どんどん離れていく。かつて自分を定義してくれた瞬間  母が賛成し、父がうなずいてくれた瞬間は、自分で事を成し遂げた瞬間の陰へと埋もれていく。子供にはずっとあとになって自分の皮膚がたるんで心臓が弱る年になるまで分からない  自分の物語も自分が成し遂げたことも、何もかも、人生の波の下で石の上に石が積み重なっていくように、父母の物語の上に積み重なっているのだということが。』(本文より)

そしてエディは父を許すことができた。


ディケンズの『クリスマス・キャロル』もこれと似たような話で同じく美しいお話。

天国に対する理想は誰にでもある。

エディもスクルージも、死んでから気がついた。

人間とは本来、愚かなものだ。

そんな愚かな人間だからこそ、泣いたり、笑ったり、傷ついたり、浮かれたり、嫉妬したり、蔑んだり、賞賛したり、生きたいと思うことも、時には死にたいと深く考えることも・・・

愚かだからこそ、人間は美しいといえる。


ただし、ボクは死ぬ前に気づきたい。

直接会って、感謝したいから。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-02-21 11:44 | 【オススメ小説紹介】

【映画】Big Fish

レンタルビデオをあまり利用しない者にとって、映画の選び方は難しい。

アクションやホラーといったハリウッド映画はどれもいまいち興味がわかないし、邦画にはいいものもあるが、そうでないものも多い。

フランス映画やイタリア映画が概して好みだが、これも当たり外れは大いにアリ。

そんなわけで、借りて観たものの面白くない。。。という映画が実に多い。


ボクは典型的に映画選びが下手だ。


そんなボクでも、ごくたまにいい映画と出会うことがある。

そして、ごくごくたまに出会うから後々まで印象に残ってしまう。


『ビッグ・フィッシュ』T・バートン監督(2003年)


アメリカらしいアメリカの映画。

いや、アメリカ人にとってのアメリカの理想の映画と言い換えることもできるだろうか?

映画の作り自体は大味で洗練された映画ではない。

誰でも簡単に内容が理解できるエンターテイメント映画。

ヒューマンドラマ。

父と子の軋轢、葛藤、和解。。。

ありがちと言えばありがちなプロット。

新しくはない。

だからといって、そこにだけ映画の価値を見出そうとするのは早急だし、軽率だろう。

父エドワード・ブルームの虚実入り混じるお話の数々が、みずみずしくあり、また痛快で面白い。

時として、嘘が人の心を潤すこともあるのだ。

エドワード・ブルームという人物像がいい。

彼はかつて我々日本人にとっても、理想的なアメリカ人の像ではなかっただろうか。

ボクにはそう思えてならなかった。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-01-31 00:14 | 【オススメ映画紹介】

【エッセー】古き良き時代はあっただろうか?

昔を振り返る材料は各種様々だが、その中でも音楽というのは特別の思い入れがあったせいか、かつて毎日聴いていた曲とばったり対面してしまうと、思わず立ち止まり懐かしさに捕らわれてしまう。

それはボクにとってROXETTEであったり、ティーアーズ フォー フィアーズだったりセックス  ピストルズだったりする。中学生の頃は生意気に洋楽しか聴かず、クラスメイトと話題が合わなかったためか、誰にも言わず一人でこっそり聴いていたことが多かったように思う。

先日、中古CD屋にふらっと立ち寄った際、店内に流れていたINXSを聴き、懐かしさで胸が一杯になり思わず衝動買いしてしまった。他にデビーギブソン『Electric Youth』とカイリーミノーグの『Enjoy Yourself』を購入、どれも500円程度で売られていた。

1980年代

ワム!がデビューし、映画館では『ET』や『スターウォーズ』が興行収入を上げ、テレビの中では、松田聖子がアイドルで、ドリフの『8時だよ全員集合』やたけしの『俺たちひょうきん族』がお茶の間を賑やかした時代。1999年に世界が滅ぶと本気で信じていた純情な人々がたくさんいた。

時間が過ぎ去る速度というのは恐ろしく速い。この20年間で多くの人が生まれて死んだ中、天災や事件を乗り越え世紀も越えて、すっかり世間は様変わりしてしまった。ぼんやりしていると変化に気づかぬまま、すべてが失われていくような喪失感だけが残る。


古き良き時代という言葉がある。

ボクらが子供の頃、当時の大人たちも、今のボクらと同じように口にしていた言葉。

結局、人は十代二十代の頃の想い出に浸るのが、単に好きなだけだ、とも言えるし、実際その通りなのだと思う。

世の中の現実に直面し、己の限界やらを悟ってしまった、くたびれた大人たちのせめてもの心の拠り所で、やたらと若かりし頃の武勇伝を語りたがる。

時代に取り残された人々は、最近は良い映画が無いとか、聴きたい音楽が見つからないとか、今の漫画はどれもつまらないとかを言い、結論として昔はよかった・・・と締めくくる。自分の駆け抜けた青年時代だけが輝いていたと信じ込んでいるが、無論、輝いていたのは彼らの周囲なのではなく、今はくたびれてしまったが、彼ら大人たち自身の瞳の方だった。


そんな大人たちの一員に、そろそろボクも片足を突っ込もうとしている。

二十代前半から中盤にかけて、やりたいことだけを夢中でやり、振り向くことなく駆け抜けた頃。そして突如、結婚して子供ができた二十代後半も振り返ることはなかった。妙な懐古主義に憑かれたのはごく最近のことだ。80年代に流行った歌を聴きながら、昔の歌も悪くないと、しみじみ思えてきた。昔はよかった、というオヤジたちの常套文句を口にしはじめている。


学生時代に同人誌で書いたエッセイに、笑顔には質がある、という筋の話を書いたことがある。

今から十年以上前の20歳のとき、はじめての海外旅行で、友人とふたり中国を訪問した。ホテル代、特急券はあらかじめ日本で支払い済みの、計画的な2週間の旅。まったく中国語が話せず、現地の中国人とほとんどコミュニケーションを取ることができなかったが、大勢の中国人を観察していて気づいたことは、笑顔が明るいということだった。

笑顔にも色々な種類がある。

当時の日本はすでに、オウム事件が起こったように、日本中にくすんだ笑顔があふれていた。屈託の無い明るい笑顔を見せてくれるのは子供たちだけだった気がする。バブル経済が崩壊して、同じ笑うにしても引きつったような不器用な笑顔の大人ばかりで、通学時に見かける満員電車の中のサラリーマンのようには、死んでもなりたくないと思っていた。

30年前の日本を彷彿とさせる上海の町並み、そこで暮らす笑顔の明るい人々、これが自分の親父たちが言っていた古き良き時代なのだと、そのとき思った。

思えば,ドリフの『8時だよ全員集合』の番組を楽しみに見ていた頃の日本人の笑顔はまだ明るかったのではないか?

それはドリフターズの笑いが、誰かを笑わそうとする笑いで、笑われようとする笑いでも、誰かを馬鹿にして笑いを取ろうとする笑いでもなかったからではないか。

いかりや長介が亡くなったとき、惜しまれてやまなかったのは、笑われた芸人ではなかったからだろう。

同じことはお笑いに限らず無数あるのではないかと思う。それがここ20年間の間に我々が知らず知らず失ってきたものではないかと。


先日の証人喚問で代表質問をした民主党の議員たちは、誰かを馬鹿にして笑いをとろうとする芸人と似ている。

耐震偽造の当事者たちの肩を持つつもりはない。しかし物事にはやり方というものがある。国会がガキ同士の喧嘩となんら変わらなく見えるのは、人を笑う者は人に笑われる作用に、よるものかもしれない。

イラク人質事件の自己責任論にしてもそうだ。お前ら本気でそんなことを言ってるのか?と驚いてしまう。

物事を相対的に捉えることが進んだ現代。くすんだ笑顔の日本人はどこへ行ってしまうのだろうか。

そんなことなどをいちいち考えていると、古き良き時代は確かにあったのだなあ、と思えて懐かしくなる。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-01-19 00:58 | 【エッセー】

逆柱いみりの世界

a0057286_081125.gifa0057286_082243.jpg
まだ大阪の梅田界隈で、暇をいいことに毎日馬鹿騒ぎをしていた頃、偶然書店で手に取った漫画が『ケキャール社顛末記』だった。漫画を読む習慣が本来なく、そのときなぜ漫画だったのか思い出せないが、絵柄に惹かれたのか、とにかくどういうわけか衝動買いしてしまった。それが出会いだ。
ほとんどセリフの無い作品が多い。一冊まるごとセリフなしの本もあるくらいで、しかもわけのわからない内容。そのわけのわからない内容にグイグイ引き込まれ、気づけば全作品を保有するいみりファンになっていた。a0057286_083445.jpga0057286_084473.jpg
独特な世界観を持った漫画家だが、こういった特殊な漫画家は世に認められにくい現状がある。友人知人に何度かいみりの漫画を貸したことがあるが、こんなものに1000円以上使うなんて信じられない、とさえ言われたことがある。

わかる人にはわかり、わからない人にはわからない。無理にわかる必要もないし、極端な話、ゲージツが無くても、知らなくても十分に日常は満喫できる。だから人には以来、ほとんど勧めたこともなければ、口にしたこともない。
a0057286_085370.gifa0057286_09189.gif
かつてボクには、漫画表現そのものを見下す傾向があった。美術よりも文学よりも演劇よりも映画よりも、漫画は遅れていると。
ひとりの漫画家が表現しうるには、描く技術にせよ身に着けるべきスキルが多すぎて、結局中途半端で深みが無い作品をつくってしまっていることが多いのではないか?
ストーリーも無茶苦茶でつじつまが合わないものが多いなど、製作者のレベルが低く、それは漫画表現自体に問題があるのでは?と思っていたのだ。
今も完全にその考えが消え去ったわけではないが、
漫画には漫画でしかできない表現というものが確かに存在する
そのひとつが逆柱いみりの漫画だ。絵で語らしめるストーリーは漫画特有のもの。
いみりの独特の世界観は、ジャンプコミックを読み慣れた人間にとっては、良くも悪くも刺激的だろう。
a0057286_095832.jpg
                                     
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-01-11 01:15 | 【オススメ漫画紹介】

YUKIの施シ

a0057286_0142659.jpg

a0057286_0141492.jpg

a0057286_0151093.jpg

a0057286_0152010.jpg

a0057286_016425.jpg

a0057286_0165293.jpg

[PR]
# by ronndo9117 | 2006-01-10 00:22 | 【photo】

個性とは何だろう

息子を保育園に送り迎えしていて気づくことのひとつには、子供たちにつけられた名前が実に様々である点だ。

男の子?女の子?そもそも日本人?これってアニメのキャラクターみたい・・など千差万別で名前の文化が多様化している。苗字にしてもなんでも日本ほど名前の種類の多い国はないそうだ。

個性尊重の時代・・・

詰め込み教育から一転してゆとり教育へと切り替わり、社会中が模索を続ける頃、個性尊重がそこかしこで叫ばれ、その犠牲になったのがボクたち二十台後半から三十代前半の、幼児を持つ親の世代ではなかろうか?

僕らの世代は第二次ベビーブームの世代であり、子供の数が多くて、とにかく競争が熾烈な環境で育った。高校へ行くにも大学へ行くにも、少なくとも十数倍の倍率を勝ち抜かねば、どこへも行く当てが無く、学習塾はどこも流行っていた。

そういった風潮の弊害として、社会的な事件があとを絶たず、詰め込み教育の如何が問われることとなった。それが今のゆとり教育という奴だ。

当然ながら学力は下がる。当たり前の話だが、当たり前に受け止められない世間がやっぱり存在する。結果がわかっていながら始めたことなのに、いざ成果が出始めると、世の中はそれを認めようとしない。最近の若者は漢字が読めない、簡単な方程式が解けない、などというのだ。

いつの世にも子供は犠牲者になる。

保育園に通う子供の親は、まさに時代を反映してか、それぞれに様々で奇妙な名前をわが子につける。

個性に飢えた世代

誰もが純粋にTVの中のスターに憧れ、詰め込み教育のもと個性を殺されてきた世代は、ようやくにして個性の重要性に気づかされた。

ふいに来日した外国人に、日本人には個性が無い、などと唐突に言われ、なんだか申し訳ないような恥ずかしいような複雑な心境で受け止めた。

自分を表現するのが不得意だった。そして誰もが自分をもっと表現したいと思うようになった。一部の芸能人や芸術家、スポーツ選手だけではなく、誰もが自分を上手く輝かせたい。

その思いが、保育園児に付けられた名前のひとつひとつからぼんやり浮かんでくる。


では個性とは一体なんだろう?

それほどまでに重視した個性というものは、本当に存在するのか?

今の世の中において、特に若い世代では、個性というキーワードは個人で抱えきれる以上にあふれかえっている。なんでもかんでも個性を口にすれば、重厚にも軽薄にもすべてが認めれれる。

特にこれを悪い傾向であるとも思わない。いつの世にも、社会は混沌として模索状態で落ち着くことはないだろう。

落ち着くはずがない。

個性というキーワードは、いわば集団信仰であり、実はもうずいぶん昔に形骸化してしまっているのではないか?もともと形の無いものを手探りでかき回したところで、どうにかなるものじゃない。

「お前はビルの上から、大衆を目前にどいつもこいつも蟻やなーと見てるやろ?そういうお前も下に降りたらただの蟻やで」

特別なごく一握りの天才には個性がある。

それは確かなことだ。

ピカソやニュートンやモーツアルト、夏目漱石の代わりになる人物はいない。

平凡な一般人のなかに、このような突出した能力における個性は無い。

どんなに着飾ったところで、髪をいじったところで、世界のどこかでは同じ格好をしている人がいる。

ではボクらの個性とはなんだろう。

君の髪、顔、体、声、指紋。笑い方、歩き方、しぐさ、癖。君の匂いなど。
人類史上まったく同じ人間は君のほかにはどこにもいなかった。紛れも無い事実である。

ナンバーワンからオンリーワンへ。数年前にスマップの『世界にひとつだけの花』がヒットした。

そしてボクらはわかりかけている。答えは出かかっている。

ひとりひとりの人間を大事に考える世界にしてゆくこと

これこそが、個性尊重の世の中のあるべき姿である、とボクは思う。

単純で簡単なこと、誰もが暗に気づいているはずのことを実行するのは、実は一番難しい。

考え過ぎるとなにもわからなくなる。

考えないようにするのも立派な考え方だ。

こうして人はバランスをとってゆかねばならない。
[PR]
# by ronndo9117 | 2006-01-06 17:17

【PHOTO】サマザマなSORA

a0057286_21324297.jpg
a0057286_21325643.jpg
a0057286_213365.jpg
a0057286_21335820.jpg
a0057286_21341115.jpg
a0057286_213428100.jpg
a0057286_2135336.jpg
a0057286_21351295.jpg
a0057286_21354319.jpg
a0057286_213615100.jpg

[PR]
# by ronndo9117 | 2005-12-26 21:37 | 【photo】

【エッセー】 運命とはなにか?


言葉にあるものはすべてある。


あえてボクたちは、そう言い切ることが許されるなら、言葉として存在してしまった以上、その実態もどこかに存在するはずだ。

世の中にはそういった言葉がたくさんある。

愛、信頼、勇気、友情、美徳、平和・・・この世の中では、とにかく、ともすると実態の存在が危ぶまれるような抽象的な言葉は無数に存在していて、不確かな理解のもと、なにげなく日常的に使い古されてしまっている。

そんな言葉のなかに、運命という言葉がある。


【運命】
超自然的な力に支配されて、人の上に訪れるめぐりあわせ。天命によって定められた人の運。
               
                                          『大辞林』三省堂



この説明文自体が抽象的で、何か霊的な世界の話にまで飛躍してしまいそうで、肝心の存在の実態については把握できそうもない。

ただ、超自然的な力に支配されて・・のくだりからは、人の進むべきレールは、あらかじめ決まっていて、人はそのレールの上をひたすら進むだけだ、と解釈することもできる。

それとは反対に、運命とは自分の意思や行動によって変化するのだ、という考え方もあるだろう。

宇宙の究極の真理のようであり、どちらも正しくもあり、どちらも誤っているようでもあるが、後者を思う場合、非常にポジティブである、とは少なくとも言えるかもしれない。



運命とは歩む意思ある者を先導し、意思無き者を力ずくで引き立てる


ローマの古諺にこんな言葉がある。


非常にポジティヴな世界観がため、ローマは繁栄を極めたのだろうか。
結果論的な発想でもって世界を語っても仕方が無い、我々は前を向いて歩くだけだ。

ローマ人はそう言いたかったに違いない。

結果が出た後で、うんぬんかんぬんを言ってみたところで、いったい何の意味があるだろう。

当たり前のことだが、終わってしまえば、すべてはおしまいなのだ。

結果が出る前に最善の知恵を注ぎ込んで、あとは流れに身をまかせよ。


『行蔵は我に存す。毀誉は他人の主張、我に預からず』

と勝海舟も言っている。


運命の実態とは意思ある行動、のことを言うんだろうか。

前を向いて歩いて行こう。

確かな自分の足を使って。
[PR]
# by ronndo9117 | 2005-12-16 01:41 | 【エッセー】

【オススメポエム】日日


ある日僕は思った
僕に持ち上げられないものなんてあるだろうか

次の日僕は思った
僕に持ち上げられるものなんてあるだろうか

暮れやすい日日を僕は
傾斜して歩んでいる

これらの親しい日日が
つぎつぎ後へ駈け去るのを
いぶかしいようなおそれの気持ちでみつめながら


                                谷川俊太郎『二十億光年の孤独』より



久しぶりに谷川俊太郎の詩集を手にして改めて思うことは、谷川の言葉ひとつひとつは、素直に体の中に浸透してゆく絶妙の濃度を持った水溶液であったということだ。

二十歳のときに読んでも三十路のときに読んでも、時代、状況、境遇が変われどその時々においても体に浸透した言葉だった。

難しい単語は一切使われていない。

ありふれた言葉の羅列のようですらあるが、これほどボクを惹きつけてやまないのはなぜだろう。
[PR]
# by ronndo9117 | 2005-12-14 23:44 | 【オススメポエム】

【エッセー】結婚とは何か?


映画 『スターウォーズ』の影の産みの親とも言われる、神話学者のジョーゼフ・キャンベルは、生前のインタビューの中で、自身の結婚観について次のように述べた。

「結婚とは試練である」

恋愛の持続は3年が限界、とかなんとか欧米の女性学者が自説を展開して話題になったことが過去あるように、恋愛というものは、自分がどんなに情熱的でも、平静を装っていても、悲しいかな必ず終わりはやってくる。

恋愛が終わった夫婦の関係は、苦痛でしかない・・・・

だから、結婚生活は苦行であり、また試練なのだ。

というニュアンスを話しているのでは、実はない。

キャンベルがいうには、結婚にはどんなに幸せな家庭を築こうと、必ず払わなければならない犠牲がある。

夫婦という関係に払う犠牲。

そのうち子供ができれば子供に払う犠牲。

そして家族に払う犠牲ができる。

夫婦お互いの自己犠牲のもとに、はじめて関係が成り立ってしまう。

それは乗り越えなければならない、人間に運命づけれれた試練なのだ、とキャンベルは言った。



まったく違う生活環境のもとに育ったもの同士が、ある日突然共同生活を始めて、そもそもが上手くゆくはずが無い。

「家族というものはそういうもんだ」

と金八先生も言っている。


ボク自身、結婚してみて思うのは、妻は母親ではない、ということだ。

自分の母親には要求できることでも、妻に要求できないことは実に多い。

そして妻は決まり文句を口にする。

「子供中心に考えないとダメ」

こうしてボクは毎日死んでゆく。

家族に払う犠牲に日々削り取られながら、磨耗してゆく。



では、結婚などそもそもしなければ良かったのではないか?

この疑問に対して、ボクは次のような理由で否定したい。



人類学上でいうなら、女性はからだの変化に伴い、精神的な成長も遂げてゆく。

髪を伸ばして女の子として育てられることから始まって、そのうち初潮が訪れ、胸がふくらみ、からだは丸みを帯び、妊娠して子供を産む。

必死で子育てをし、その間も精神的な成長を続けるだろう。


では男は?

どうすれば精神的に成熟してゆくんだろう?

知らぬ間に声変わりをし、髭が生えてきて、からだの変化といったらこれくらいのこと。

背が伸びても気分はさほどかわらない。

いつまでたっても、幼い感情にしがみついているのは、ほとんど男だったりする。

何にも考えずにボーッと生きて過ごし、気がつけば体だけが大きくなってしまい、心と体のバランスが保てなくなり、いつしか瓦解してしまう。

ボクも例に漏れず、そんな若者だった。

26歳までフリーターとして日々あそびに明け暮れた。


結婚して、守るものができた。

自分の親からも自立し、自立した上にも、守るものができる。

男にとって結婚とは、突如として重要なポストを与えられた新入社員のようなもの、かもしれない。

毎日なにか大きなプレッシャーと闘い、もみくちゃにされながら、知らぬ間に大人になってゆく。



そして運命の出会い。

自分の血を引く、自分とよく似た、いやむしろ分身といっていい、我が子と出会う。

息子の成長を追い続け、彼の背中を見つめると、かつて自分が自分の親に見せたものと同じ背中を発見する。

過去の自分との再会・・・


この時点で自己否定的な人間は、男として女として成長できなかった人々だ。

自己に肯定的ではじめて子と向き合えるのではないか?


息子の背中に自分を見たとき、自分は知らぬ間に父親になっていたのだと知った。



・・ボクのストーリーはここまでだ。

あと数十年もすれば、孫と出会うことだろう。

そのとき何を発見し、自己がどのように成長してゆくかは、まだわからない。

自分を成長させ豊かにしてゆくのは、簡単なことじゃない。

だからこそ人には試練が必要になる。

そこでなにかを発見し、感動してゆくことこそが、人が生きてゆくストーリーの中での喜びではないだろうか。

世界の大きな構造を、あえて例えて『神』というとき、この『神』は人類にとって偉大なるシステムを創造したことになるんだろうか。
[PR]
# by ronndo9117 | 2005-12-09 01:22 | 【エッセー】

FUYUノ到来。

a0057286_1521524.jpg
a0057286_1522751.jpg
a0057286_1523946.jpg
a0057286_1525325.jpg
a0057286_1531898.jpg
a0057286_1533714.jpg
a0057286_153477.jpg
a0057286_154793.jpg

[PR]
# by ronndo9117 | 2005-12-07 15:06 | 【photo】

2005 HATU雪。


白い宝石を

どんどん空から

おっことす

でもぼくたち

もらってもしょうがない

それは・・・

すぐとかしてしまうもの

空のように大事にしない

なのになぜ

空はぼくたちに

〈ユキ〉という

宝石をおっことすのかなあ




※『生きることの意味』を著した作家 高史明さんのひとり息子で、天才少年詩人とよばれた岡真史さんの詩集『ぼくは12歳』から引用させていただきました。


今日、京都市内では、今年の初雪が見られました。

積もるほどの雪ではありません。

すぐに解けてしまう、ほのかな、まだまだよわよわしい小さな雪でした。

雑事に追われ忙しく走り回り、また厳しい寒さの中で、この小さな雪をみて、はっとさせられるのはなぜだろう。

上記の詩はとてもいい詩です。

純真な子供の目でみた、ありのままの『ユキ』。

雪・・・・

自宅のマンションから見える北の遠くの山々は、薄っすらと白みがかりいつもと違う景色になりました。

空からの贈り物を受け取れたんだなあと、このときばかりは純真な少年のこころがよみがえりました。
[PR]
# by ronndo9117 | 2005-12-06 00:26 | 【オススメポエム】

ウラノFUSHIMIいなりタイシャ。

a0057286_17351939.jpg
a0057286_17355828.jpg
a0057286_17361459.jpg
a0057286_17363142.jpg
a0057286_17364318.jpg
a0057286_17371227.jpg
a0057286_17372910.jpg
a0057286_1737426.jpg
a0057286_17375982.jpg
a0057286_17381378.jpg
a0057286_17385028.jpg

[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-28 17:40 | 【photo】

いろどりを愛でる

a0057286_15561183.jpg
a0057286_1556437.jpg
a0057286_1557419.jpg
a0057286_15571817.jpg
a0057286_15574086.jpg
a0057286_1558611.jpg

[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-20 15:59 | 【photo】

hana

a0057286_153376.jpg

花はどんなに美しくに咲き誇っていても、なにか外的要因に巻き込まれると、その美しさは失われてしまうものなのだろうか?
映画監督の小津安二郎は、映画の配役を例えて、『泥の中に咲く蓮の話』をした。
泥の中に咲く蓮がヒロイン。花は美しいが泥もまた美しい。しかし泥と蓮、合わせて捉えた風景こそが本当に美しい、と。
人に限らず風景というのは、それ単独では美しさが半減してしまうものなんだろうか。
a0057286_1515505.jpg

a0057286_1565761.jpg

花に蝿がとまっている。
銀蝿とよばれるやつだ。
特に人間には嫌われているらしいが、こうしてみると案外風景に溶け込んでいて違和感はあまりない。
撮影中、近くに野良猫が数匹いたが、猫の目に映っている風景に美しいも醜いもないだろう。
そこに花があり、蝿がいるだけだ。
もっとも素直に世界を見るときに、見えた風景こそが、本来我々が美しいとした風景だったのかもしれない。
a0057286_1544351.jpg

物事を美しいと思える心はどこからきているのだろう。
突き詰めてよく考えてみても、花はなぜ美しいのか?という問いに対する明確な答えを見つけ出すことはできない。
あえてボクはこう言うしかない。
生理的にも本能的にも美しく思えるからだ、と。
a0057286_1541070.jpg

そんなわけで、当然ながらボクが美しいと思えたものは、ボクにとってすべてが美しいものである。
この木の根っこのうねうねとした部分は実に美しいのだ。


価値観というものについては、できるだけ他人の影響は受けたくないと思っている。
人が見て美しいといえるもの、醜いといえるもの、好きといえるもの、嫌いといえるもの。
そのほかたくさんの価値観があるが、たとえどれだけ多くの人間が美しいといったところで、ボク自身が美しさを発見できなければ、それには何の意味もないことだ。

守らなければならない社会のルールは無数にあるけど、趣味や嗜好までも人に合わせて生きちゃいられない、ってことだよね。
[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-18 15:18 | 【photo】

【オススメポエム】失敗を恐れるな ~アメリカの心より~

これはボクがまだまだほんの十代だった頃、高校2年のときの担任の先生から、クラスみんなに贈られたポエムです。

先生は美甘(みかも)先生といい、国語の先生で、当時30代半ばの独身女性。

夏休みの度に世界旅行をし、授業の合間には旅先での話をよく話して聞かせていただきました、思い出深い先生です。

ボクは先生の話を聞くのが大好きでした。

後に大学生となったボクも、彼女の影響からなのか世界中を放浪して、様々な貴重な体験をするに至りました。


また、ボクの作文を最初に褒めてくれたのも、美甘先生でした。

夏休みの宿題なぞ、提出したこともなかった劣等性のボクは、案の定、課題の読書感想文を提出せず、結局は図書館での居残りを命じられたことがありました。

本などは、読むのも苦手だったボクは、そのときも本を読むことから始めず、面倒なのでとりあえず架空の物語を設定して、それについて適当な感想を添える程度にして、早々に感想文を切り上げることにしました。

恐る恐る美甘先生に提出しましたが、思いがけずの高評価で面食らったわけです。

初めて人から評価される喜びを知った瞬間でした。

それから『あなたには文才があるからうんとたくさんの文章を書きなさい』と、3年生になりクラスが変わっても、廊下ですれ違う度に言われた思い出があります。

ある日、廊下でこれを読みなさいと手渡された一冊の本・・・

『されどわれらが日々』 柴田 翔 文藝春秋

は、まだ自室の書棚に大切に保管しています。

高校生の当時、ボクはパンクバンドのボーカルを務め、音楽活動や友人関係、アルバイトと、美甘先生の勧告を素直に聞いたわけではありません。

むしろまったくと言っていいほど聞きませんでした。

人の話が素直に聞けるほど大人ではなかったのです。



以下は、そんな美甘先生から頂いたポエムを引用します。




君は今までに何度も失敗した

きっと覚えてはいないだろうが

はじめて歩こうとしたあのとき

君は転んでしまった

はじめて泳ごうとしたあのとき

君は溺れそうになった

そうじゃなかったかい?

はじめてバットを振ったとき

バットはボールに当たったかい?

強打者たち

ホームランを一番よく打つバッターは

よく三振もするものだ

R・H・メーシーは7回も失敗して

ようやくニューヨークのレストランを成功させた

英国の作家 ジョン・クリーゼーは

564冊の本を出版する前に

753通の断り状を受け取った

ベーブ・ルースは1330回三振したが

714本のホームランを打っている

失敗をおそれちゃいけない

トライしないで逃すチャンスこそ

おそれた方がいい





ずいぶんストレートな詩ですが、情熱的で気の強かった彼女らしいと、そう思うと余計にこの詩が胸にじんわりときてしまいます。

もう十数年前のことですが、昨日のことのように思い出されます。
[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-14 01:10 | 【オススメポエム】

【映画】いまを生きる


映画『いまを生きる』でキーティング先生が生徒のモチベーションを上げるために、効果的に引用した詩を紹介しましょう。

この映画はボクがまだうら若き十代の頃、何度も繰り返し観ては、ひとり感涙に咽んだ、とは言いすぎですが、創作への意欲を高めた映画でありました。


アメリカの大詩人ホイットマンから




おお、この身とこの命よ

幾たびも思い悩むこの疑問

信仰の無いものが長蛇の列をなし

都会は愚か者であふれんばかり

どこに美点があるというのか

おお、この身とこの命よ

それはそこに君がいるということ

生命が息づき私がまさしく存在するということ

壮麗な芝居は続けられ

君もそこに一篇の詩を寄せることができるということ





なんでも遠慮がちな主人公とボク自身が妙に重なり合って、思わず感情移入してしまう内容でした。

ボクも多感な時期に、こんな詩を引用して教えてくれる先生と出会っていたらどんなに素晴らしかったろうかと。

何度も読み返し、すっかり暗記してしまいました。

唐突になぜこの詩を思い出したのかはわかりませんが、いつでもこの詩がボクの中の地下水脈を流れているのだな、ということには薄っすらとした実感があります。
[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-12 01:11 | 【オススメ映画紹介】

 こんな景色がいい


アスファルトで塗り固められ

ブレーキ痕や足跡はまるでない

砂埃など

はたとも巻き上がらない

完全に舗装された道路にひとり立ち

ここではわたし独りきりだ

道路の両脇に連なる

カガミ張りの超高層ビル

ビルの隙間にはネズミ一匹はおろか

小虫も入り込めない整然とした並びがあり

どこまで行っても

道幅は5メートル15センチだ


風も吹かず

もちろん雨も降らず

カミナリは鳴かず

雪などもってのほかで

太陽だけが地動説に習ってわたしの真上に昇るほか

すべての自然現象がここでは必要がない

遠くに伸びる一本道の

はるか向こうに見える交差点の

その先は霞んでいてよく見えないが

人々の気配、野鳥、昆虫、スモールアニマル

街路樹はおろか雑草一本たりとも

生きとし生けるものすべての

気配の一切が消え

ここではわたしひとりだ

ここではわたしただひとりだ

しばらく立ち尽くし

感極まったのち

わたしは交差点のはるか向こうへむけて

歩きはじめた

いつの間にか手の平では発汗し

そのうち背中がしっとりと汗ばみはじめる

こめかみを突き抜ける感情が

激しく熱く痛がゆいんだ

わたしは歩き続ける

歩いて歩いて

歩き続ける

そのうち歩き疲れたら

道の真ん中で眠るといい

そうして明日

朝日を受けてまた

歩き出せばいい


こんな景色がいい

[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-06 00:49 | 【自作ポエム】

カキツヅケル


ときどきだが、なんだか無性に悲しくなるね

しってるかい、君たち

僕は、かんがえた.・・

僕は考えた、明日に向かって咆えている自分を

何だろうこの数字・・・

おそろしくウブな悲鳴をあげ

そして・・・なにかえたいの知れない悪魔がぞぞぞとやってきており

しからずんば僕はその場で考え

ひたすら立ち尽くしてしまったのだろうか

願いはむなしく消え入り消滅

肩甲骨がぎしぎしと昨夜の折から痛むんだ

虫の棲家になったみたい

しかしそんなこんなは振り払うべき必要がある



僕はこれから書き続ける

この場でつい終えるその日まで

作業を早くしなければ多くの仕事はこなせない

とりあえず言えることは、個室とたばこと珈琲と、そして暇

それさえ手にすれば、僕はようやく人並みになりえる

なぜ今までできなかったのか?

深く追求しよう

分析しよう

すべては頭脳で解決できる問題なのだ

考えよう

深く深く考えよう

それでも解決できない問題は、より深く考えよう

そして一度頭をからっぽにしてから、よく吟味して、答えを出そう

具体性の無い考察をいくら続けてみても時間を浪費するだけだ

実行する

考えながら、動く

とにかく僕は書き続けることにした


[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-02 10:39 | 【自作ポエム】

【冒頭のUTA】 たまりみず

   たまりみず


地中深くには水脈がある

そこが砂漠や氷土でない限り

無数に張りめぐらされ

絶えず流れをもっている

地から萌え出た芽にも

街路樹にも水脈が

手の平でつぶれた小虫の中にもやはり


街灯にも電信柱にも郵便ポストにも

私の視界に入るもの全てに

もはや水脈があるとしたら

あなたの中にも水脈があり

わたしの中にも水脈がある

我々はひとつの水脈でつながり合っていることになる


森の中で耳をすませたことはないだろうか

すさまじい勢いで水を吸い上げる音は

この世の生命の証だ

世界は常に動き続けている

毎秒ごくわずかづつではあるが

草木は伸び 草木は枯れる

子供は育ち 大人は老いる

もっと大きなことを言えば

毎日一万人の人が死ねば

毎日一万人の人が産まれる

人だけのことではない

動植物ありとあらゆる生命についても

やはり同じことがいえる

それらはすべて

ひとつの水脈によってつながりあっている

地球誕生の頃より水は

何度も蒸留され使い回されてきた

たったひとつの水脈を循環するために

水とはつまり

我々自身のことだった

そしてその我々自身が美しければ

世界はずっとすべてが

美しいのだ

[PR]
# by ronndo9117 | 2005-11-02 10:27 | 【自作ポエム】