【小説】 ガルー2

助手のタナカが、先ほどから大げさなリュックサックを開けて、なにやら物色している。

たぶん腹でも減ったんだろう。

ヤツのお決まりのスニッカーズでも出してきて、無神経にも路上で食べ始めるんだ。

フィギュア集めが趣味の冴えない男だ。

丸刈りに全身迷彩服を着て、モデルガンを所持している。

なにせ緊急の調査隊のため、人材不足、人員不足はやむを得ないところだ。

いまどき日当5000円では、中学生だって雇えないだろう。

「ヘッドライトの電池が切れちゃって、電池がありません」

まったく、なにやってんだよ。


ガルーの足跡を追って始まった調査だが、肝心の足跡がまったく見当たらず、調査当初からさっそく行き詰まっている。

それもそのはずで、ボクらはなんの手がかりもなく、しかも高速移動するカンガルーを捕獲しようというのだから、はなっから雲をも掴むことなのかもしれない。

だけど、諦めた瞬間から、ボクは世間のウソツキのお仲間入りを果たしてしまうわけで、それはそれでいいにしても、とりあえず町をウロウロとしている方が、家でスマップを聴いているよりはまだマシってもんだ。



冴えないタナカは案の定、1本目のスニッカーズをかじり始めた。

「どこにも見当たりませんね、隊長」

見るからに間抜けそうなヤツだ。

人材不足もはなはだしい。先行き不安になる。

「隊長じゃない。教授と呼びたまえ、君」

とボクは幾分、不機嫌そうに答えた。

「え?なんの教授ですか?」

ちぇっ、まったく気が利かねえなあ。

イチイチ説明してやらなければならないのか。

「超常現象研究家 才原博教授!今から世紀の大発見をするんだ。それぐらい箔をつけていかないとみっともないだろう」

「そうですか。そんじゃ教授ぅ・・」


真昼間の住宅街を、タナカを連れて歩いていた。

タナカは大げさなリュックを背負って、大きな捕獲網を持っている。

麻酔銃は手に入らなかった。

現状では、正規の調査隊と認められていないんだ。

植え込みの中や、塀の隅やゴミ箱の中まで、丹念に調査したが、ガルーの姿はどこにもない。

昨日は終日、聞き込み調査を実施したが、道行く人は不審人物を見るような冷ややかな目でボクらを見ては、返事らしい返事ももらえぬまま、一日が終わってしまった。

挙動不審なタナカのせいだ。

聞き込みを行うボクの後ろで、丸坊主に迷彩服を来た男がスニッカーズをかじっていたら、相手にしたくなくなる気持ちはさすがに理解できる。

食うのを止めろと、再三の注意も、ヤツの突き出た腹が黙ってはいないらしいのだ。


「おーい、ガルー!」

タナカがやけを起こしたのか突然叫んだ。

「何をやってるんだ?」

「呼んだら出てくるかなって」

「つくづく馬鹿だな、君は。ガルーって名前はボクが付けたんだから反応するわけがないじゃないか」

「そっかあ。考えが軽薄でした」


住宅街の広く舗装された道路には、日中ということもあって人影がまったくない。

よく晴れたいい天気で、ベランダでまどろみたいくらいだ。

するとそこへ、大きな屋敷の植え込みから、一匹の動物が、通りに躍り出た。

ああ・・

まさしくガルーだ!

「タナカ!でかしたぞ!さあ、追跡だ!」

「へい!教授!」

ガルーはじっとボクらを見たかと思うと、反対方向へ一目散に駆け出した。

「タナカ、もたもたするな!巻かれるぞ」

ガルーはすごいスピードで一直線の道を進み、どんどんボクらから遠ざかってゆく。

運動不足のボクらは5分も持たずに息を切らせた。

遠くの角を曲がったあたりで、すっかり見失ってしまった。

「ハアハア・・・それにしてもすごいスピードです。果たして我々に捕獲できるのでしょうか」

「はあはあ・・いきなりのマイナス思考は慎みたまえ」


完全に見失ってしまった。

また調査は一からの出発である。

最初から、そんな簡単に捕まるはずがないのはわかっている。

簡単に捕まえることが出来たなら、今頃ガルーはとっくの昔に誰かに捕まっているに違いないんだ。

ガルーを捕らえるにはなにか奇抜な発想が必要だった。

「タナカ、ちょっとここのマンホールを開けてみてくれないか?」

「はい。だけどどーするんですか?」

「いいから、開けてみてくれ」

タナカはボクに言われるままに、重たいマンホールを苦労してこじ開けた。

「さあ、行くぞ」

「どこへ?」

「決まってるだろ、中だよ」

「本気ですか?」

「ああ、いたって本気だ」

「こんなところにガルーなんていやしませんよ」

「いないと決定する根拠は何だね?」

「さあ?たぶんいません」

「ボクはこう思う。たぶんいる」

渋るタナカをなんとかマンホールへ押し込んで、追跡調査は再開された。

「ネズミやゴキブリが飛び掛ってきたら・・」

「食っちまえ、そんなもん」

不法に侵入していることは重々承知の上だが、警官が犯人を追う際には交通ルールを無視するように、緊急事態というのは法の垣根を越えなければならないときだってあるんだ。

下水工事業者からクレームが入らないよう、出来るだけ余計なことは避けるつもりだ。


一歩一歩、確かめながら下へ降りてゆく。

ヘッドライトの明かりでは光度が足りず、ずっと下はいつまでも真っ暗闇だ。

タナカの息遣いが木霊して下から響いてくる感じからすると、底はありそうだが、延々と長い梯子が続いている。

学生時代、哲学書を持って井戸に入りたいと夢想したことがあるが、暗くて狭い空間というのは、人間の思考をくっきりとさせる効果があるようだ。

ガルーは必ずこの奥にいると、根拠の無い確信に満ち溢れてくるのだった。


100mくらいは降ったのだろうか。

「ちょっと、休憩したいですね」

延々と続く梯子に、さっそく運動不足のタナカは乳酸を溜め込んだようで、手がしびれてきたという。

休憩しようにも、この体勢のままでは休まるものも休まらない。

それにしても、深い深い穴だった。

「いったいどこまで続くんだ」

降るに従って湿度が増し、衣服がしっとりとして重たくなってきた。

それになんだかすごい臭気だ。

耐えられないってほどでもないが、心地のいいもんじゃない。

心持ち、酸素が薄くなってきたような気もしないではない。

ガス中毒で死んだという事故はよく耳にする。

100mも降れば、そろそろ危ういのではないかと思うが、意外と酸素は残されているらしかった。

まあ、中毒になるとすれば、ボクより当然タナカの方が早いだろう。

ヤツがへたりだす前になんとか下に到着すればいいのだが。


「教授、大変です」

「どうしたタナカ!」

タナカがなにやら発見したようだ。

「変な横穴を発見しました」

「まず、入ってみろ」

確かにそれは横穴だった。

明らかに下水業者が空けたものとは思えない乱暴な切り口で、ドリルとスコップで造られた横穴らしかった。

「教授。ガルーの仕業ですかね」

「いや、まだわからん。とにかく奥へ」

「いえ、とにかく休憩です」

といってタナカはどっかりと座り込み、ぬるいコーラを飲んでから今日2本目のスニッカーズをかじった。

「この横穴も深いなあ・・ムカデとかコウモリとか出てきませんよね?」

「さあ、たぶんな」

「それにしても、案外空気があるもんなんですね」

タナカは大きく深呼吸した。

「地底人でもいるのかな?だったらいいのになー」

「何がいいんだ?」

「だって教授、大発見じゃないですか」

「馬鹿だな。下水工事の穴の奥に地底人がいたら、工事に携わった人間はとっくに出会ってるじゃないか」

「それもそうですね」


10分ほど休憩をして、ボクらは横穴を進んだ。

外界の明かりはまったく届かない真っ暗闇の世界。

ヘッドライトの明かりだけがボクらの頼りだ。

電池が切れたら、たちまち途方にくれてしまうだろう。

モグラの通り道のように、ゆるやかなカーブをぬって進んでゆく。

この先にあるものはなにか?

冒険、それは発見。

『ガリバー旅行記』や『宝島』や『八十日間世界一周』や未知なる物を追い求めて冒険の旅に出る。

リュックを背負う背中から発汗。

額からは汗が落ち頬を伝う。

暗闇の先に見えるのは、明るい未来だ。

「しっ、静かに。なにか物音が聞こえないか?」

「え?そーですかあ」

「確かに聞こえる」

「ガルーでしょうか」

「ここからは物音を立てずに進もう。せっかくここまで来て、また取り逃がしたとあっちゃあやりきれない」

忍び足で進む。

どん臭いタナカのことだ。ドジを踏んではくれるなよ。

確かに土を掘るような金属音が聞こえたんだ。

遠くに明かりが見えてきた。

ああ。間近まで来た。

タナカはボクの指示に従って網を用意した。

じりじりと近づいてゆく。

かなり接近してきた。

もう目の前だ。

「それ!!」

タナカが網をかけた。

何かが捕まったようだ。

「やったぞ!!」

「やりました!教授!!」

感極まって泥だらけの手で汗をぬぐった。

薄暗い穴の奥で、網にかかった生物がうごめいている。


と、突然女の声がした。

「キャー!!なにやってるのよぉ!!」

「おい!しゃべったぞ!!」

「はい、しゃべりましたね!」

「ガルーは女だったのか?!」

「ガルーは女です!」

しかし、網の中から出てきたのは、ひとりのほっそりとした人間の女性だったのだ。

「どういうことだ、これは・・・」

しばらく状況が飲み込めない。

「どういうことでしょう・・」

「馬鹿!!あんたたち、なにやってるのよ!髪が乱れるじゃない!!」

「そんなこと言われたって」

つるはしとスコップを持って、横穴を掘っていたのは、この女性だったのだ。

「一体全体、君はここで何やってるんだ」

「そっちこそ、こんなところで何やってるのよ」

「追跡調査を・・・」

「追跡調査ぁ?」

「ああ、ある生物を追っている」

「地底深くにもなると、変な人種がいるっていうけど、あんたたちもきっとそうね」

「変な人種とは何だ。それに君こそ、こんなところに大穴掘って何やってるんだ」

「あたし?発掘調査よ。見てわからない。これでも歴とした学術調査なんだから」

と言うと、女はジーンズの埃をはたいた。

「ささ、調査の邪魔だから向こうへ行ってちょうだい。今日は時間が無いのよ」

と、女はボクらを尻目に見ながら、スコップを手に取った。

「ひとつだけ、変な質問をしてもいいかな?」

「手短にね。一回だけなら質問に答えてもいいわ」

「ここに妙なカンガルーは来なかっただろうか」

「ええ。来たわよ。あたしの後ろでさっきまで読書をしてたわ。かわいいカンガルーちゃん」

「ホントかね?!それは!それを見て君はなんにも思わなかったのかね?」

ボクもタナカも、思わず胸が躍った。

「ええ。専門分野外ですもの」

「教授、あまりにも偶然ですね」

「そこらに彼が読んでた本が落ちてるんじゃないかな」

見るとそこには分厚い本が落ちていた。

ボクはそれを拾い上げて、ページをめくった。

「ヘーゲルだ」

「ヘーゲルって何ですか、教授」

「知らないわよ、そんなこと、ヘーゲルに聞けばいいじゃない。さあ、質問タイムは終了。さよならぁー」

ガルーはボクが予想した通り、相当な知的生命体だということが判明した。

思ったとおりだ。

ヤツはもしかすると、宇宙人かもしれないぞ。

「ガルーはどっちに逃げたんだ?」

「質問は一回きりの約束よ」

「そりゃないでしょう。ボクらも遊びでやってるわけじゃないんだ」

「約束は、約束」

「その約束を了解したわけじゃない」

「そーだ、教授のおっしゃるとおりだ」

「ふん、屁理屈ばっかり。ロクな教授様じゃないわね。いいわぁ、向こうへ行ったよ。あんたたちが歩いてきた方向」

「すれ違わなかったけどな」

「知らないわよ。ぼーっとしてたんじゃないの?抜けてそうだしさ」


また、逃がしてしまったというわけか。

ただ、ボクの勘ってやつも案外当てにはなるもんだ。

少しだけ希望が見えてきた。

「それじゃボクらはこれで失礼するよ。最後にもうひとつだけ質問してもいいかい?」

「これっきりよ」

「ああ。ボクは才原だ。君は?」

「さあ、名乗るほどの女じゃないの。705(ナオコ)HNだけどね」

「705さんかあ」


ボクとタナカはもと来た道を戻り、地上へと出た。

すっかり夜になっていた。

今日は満月か。

月明かりの下で、タナカに5000円札を手渡して別れた。

今日の調査は終了。

手ごたえの感じた一日だった。
[PR]
by ronndo9117 | 2006-04-14 15:13 | 【創作小説】
<< ガルー3 【小説】 ガルー1 >>